現役東大生・京大生が教える大学受験生のための勉強法メディア

一流大学合格を勝ち取った大学生達の結果の出る勉強法を提供します。

06-6105-5959[受付時間:13:00〜21:30]

メールでのお問い合わせはこちら
  1.  / 
  2.  / 
  3. もっと効果的な勉強法を探し求めるあなたへ!
  • 大学受験対策

もっと効果的な勉強法を探し求めるあなたへ!

もっとも効率のいい勉強法は!?【偏差値60以上を目指す大学受験勉強法】

大学受験勉強をやるなら、より効果的な勉強法を取り入れたいですね。ここでは、偏差値60以上を目指す大学受験勉強法として、効果的な勉強法であるセルフティーチングを紹介します。


セルフティーチング!

セルフティーチング!さまざまな勉強法がある中で、もちろん受験生みんながより効果的な方法で大学受験勉強を進めたいと思うでしょう。しかし、もっとも効果的な勉強法とは何でしょう?人によって勉強法の合う合わないはさまざまです。ただ一つ誰にでも効果的な勉強法を挙げるとすれば、「人に教える」ことだと言えるでしょう。

「人に教える」ことができるように勉強するのは、記述試験の対策として必要なことです。試験問題の解答は、採点者が読んで理解できるものでなくてはなりませんから当然です。じつは、マーク式の試験でも、頭の中で「人に教える」ように考えて解くことは、間違いを減らすの手段として有効なのです。とくに複雑な条件がある問題では、なんとなくで正しいか間違っているかを判断することができませんので、条件を整理し、分析して「どこが正しくてどこが間違っているのか」を「人に教える」ことができる程度に把握することが安定して正答を選ぶ基準になります。

「人に教える」と言っても、常に教える相手がいるわけではありませんし、実際に教えなくてもできる勉強法です。実際には、「人に教える」勉強法は、「指導者の説明を真似る」ことや「自分自身に説明する」ことをやっていくのです。これを「セルフティーチング」といいます。

この「セルフティーチング」による勉強法は、すべての教科、科目で使える方法ですが、とくに有効なのが以下の3つの勉強で使う場合です。

①用語や公式の定義を説明する
②数学の解法を説明する
③社会の論述問題の答案を作る

頭の中で考えるだけでなく、人に教えるように声に出して自分自身に説明することで、本当に理解できているか確かめることができますし、アウトプットと聴覚によるインプッを同時に行うことができます。効果的な勉強法である事は明らかですね。

セルフティーチングについてもっと知りたい方は、ぜひ次のページも読んでみてくださいね。
コチラ→セルフティーチング①【偏差値60以上を目指す大学受験勉強法】


The following two tabs change content below.
大学受験勉強法メディア編集部

大学受験勉強法メディア編集部

大学受験勉強法メディア編集部は、これまでに多くの大学受験性を指導してきた経験をもとに、効率よく、確実に点数アップできる勉強法を紹介します。

具体的には、実際に効果があった勉強法や、受験生のためになる受験に関するお役立ち情報を発信していきます。

大学受験勉強は勉強法が命です。合格を勝ち取る受験生は、結果が出る勉強法で勉強しています。

どれだけいい予備校に通っても、いい参考書を使っても、時間ばかりかかって身に付かない勉強法でやっていては、いつまでたっても結果は出ません。

今すぐ正しい勉強法を身につけて、志望校合格を勝ち取りましょう!